ナリカタデザイン相談室

つな木

2021木材をクランプでつないで空間をつくる 人と環境にやさしいプロダクト
  • CLIENT
    株式会社日建設計 Nikken Wood Lab | 三進金属工業株式会社
  • CATEGORY
    Advertisement | Concept | Brand tools
こんな相談
「日本の森林を守りたい」森林資源を循環させるという志を掲げ、3年の開発を経て改良を重ねてきたプロダクト。正式販売となるタイミングでブランドを見直し、製品の価値を広く伝えていきたい。
木材と専用クランプを使って自由な用途とサイズで空間を組み立てられるプロダクト「つな木」。
株式会社日建設計 Nikken Wood Labと三進金属工業株式会社が共同開発を続けてきた「つな木」は、2021年に正式販売するタイミングでブランドイメージを一新。
ナリカタデザイン相談室ではブランドコンセプト考案とコミュニケーションツールのデザイン、広告デザインを行ないました。
ブランドコンセプト・ステートメントの作成
正式販売に合わせてブランドコンセプト・ステートメントを新たに作成し、発表しました。
プロモーションツールのデザイン
第一弾の製品シリーズとして発表された、普段は家具として使い非常時には医療ブースや避難所などの個室空間に組み換えられる「もしもつな木キット」。
ナリカタデザイン相談室ではコンセプトブックとリーフレットのリニューアルと、製品パンフレットのデザインを行いました。
「つな木」新聞広告コピー
木を使うことで、森林の未来を守ろう。そんな「つな木」の取り組みを、『つな木 つなぐ 未来へ』というコピーで表しました。改行することで「木」と「未来」のあいだに「森」の文字が現れます。
「つな木」新聞広告(全面)デザイン
用途に合わせて様々なかたちに組み換えられる製品の特徴を活かし、「つな木」を使う色々なシーンを描いたイラストで木と人が触れ合う豊かな紙面をデザインしました。つな木を使うことで人々の生活や森の未来が元気になることを表現しています。

Other Works

相談する Contact